プラグイン2

プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文プラグイン2本文

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR

ユーザータグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告避け更新

以下ダミーテキストです。

日本法における著作物の引用[編集]
日本では、一定の条件を満たした「引用」は、権利者に無許可で行うことができる(32条)。これは著作権侵害にならない。
趣旨[編集]
人間の文化活動のなかでは、批評・批判や、自由な言論のために、公表された著作物を著作者・著作権者に断りなく用いる要請が生じることがある。狭義の引用は、その要請を満たすために用意された著作権の制限・無断利用の許容の規定である。言論の自由と著作権の保護とが調和するように適切と認められるための条件が定められている。
法の条文[編集]
32条(引用)
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
国若しくは地方公共団体の機関又は独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。
43条(翻訳、翻案等による利用)
次の各号に掲げる規定により著作物を利用することができる場合には、当該各号に掲げる方法により、当該著作物を当該各号に掲げる規定に従つて利用することができる。
一 〔略〕
二 〔・・・〕第32条〔・・・〕 翻訳
三 〔略〕
48条(出所の明示)
次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。
一 第32条〔・・・〕の規定により著作物を複製する場合
二 〔略〕
三 第32条の規定により著作物を複製以外の方法により利用する場合〔・・・〕において、その出所を明示する慣行があるとき。
前項の出所の明示に当たつては、これに伴い著作者名が明らかになる場合及び当該著作物が無名のものである場合を除き、当該著作物につき表示されている著作者名を示さなければならない。
第43条の規定により著作物を翻訳〔・・・〕して利用する場合には、前二項の規定の例により、その著作物の出所を明示しなければならない。
要件[編集]
著作権法において正当な「引用」と認められるには、公正な慣行に従う必要がある。最高裁判所昭和55年3月28日判決[4]によれば、適切な引用とは「紹介、参照、論評その他の目的で著作物中に他人の著作物の原則として一部を採録すること」とされる。
文化庁によれば、適切な「引用」と認められるためには、以下の要件が必要とされる。
ア 既に公表されている著作物であること
イ 「公正な慣行」に合致すること
ウ 報道,批評,研究などの引用の目的上「正当な範囲内」であること
エ 引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
オ カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
カ 引用を行う「必然性」があること
キ 「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)
—  文化庁 (2010)

、§8. 著作物等の「例外的な無断利用」ができる場合 ⑧ ア、「引用」(第32条第1項)
このうち、出所の明示については著作権法の第48条に規定されており、後述する引用以外の合法な無断利用を含め、共通の必須事項である(これを怠ると剽窃とみなされる)。
また、
引用する分量を抑えなければならない。
引用するには目的(必然性)が必要であり、それに必要な量しか引用してはならない。
質的にも量的[5]にも、引用先が「主」、引用部分が「従」の関係になければならない。ただし知財高裁平成22年10月13日(鑑定証書カラーコピー事件)判決においては主従関係は要件とされていない[6]。
引用を独立してそれだけの作品として使用することはできない。
なお、引用部分を明確にする方法としては、カギ括弧のほか、段落を変える、参照文献の一連番号又は参照文献の著者名等を用いた参照記号を該当箇所に記載する[7]などの方法もある。
「引用」と認められず、違法な無断転載等とされた場合には、法第119条以降の罰則に基づいて懲役や罰金に処される。
スポンサーサイト

猫大好きフリスキー

手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと

手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと
手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと
手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと


手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと手うsと
手うsと手うsと手うsと
: キャットフード - 関連記事

新しい記事

です

広告避け更新

ぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこぬっこぬこ

テスト記事

テスト記事テスト記事テスト記事テスト記事テスト記事テスト記事テスト記事テスト記事テスト記事



テスト記事テスト記事テスト記事テスト記事テスト記事テスト記事
テスト記事テスト記事テスト記事テスト記事テスト記事
テスト記事テスト記事

プラグイン3

プラグイン3上部
プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文プラグイン3本文
プラグイン1
プラグイン1上部
プラグイン1本文プラグイン1本文プラグイン1本文プラグイン1本文プラグイン1本文プラグイン1本文プラグイン1本文プラグイン1本文プラグイン1本文プラグイン1本文プラグイン1本文プラグイン1本文プラグイン1本文
検索フォーム
プロフィール
うえうえうえうえうえうえうえう

にゃんこ

Author:にゃんこ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
33664位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

6057位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。